sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> ウズベキスタン > サマルカンド世界東洋音楽祭「シャルク・タロナラル」

2013年09月16日

サマルカンド世界東洋音楽祭「シャルク・タロナラル」

サマルカンド一の観光スポットと行っていいであろうレギスタン広場は音楽祭のため、来た時からフェンスとかで囲われていた。

数日前なら入れたかもせーへんねんけど、もう直前では入れないとどの警備の警官?警備員?に聞いても言われる。

うわーレギスタン広場観光出来ひんねんなーと彷徨ってると、警官ではなく、彼らのボスらしきビジネスマンスタイルの一人の男が話しかけてきた。

ここに入りたいのか? 夜の音楽祭のバウチャーを持っているのか?とのことであった。

バウチャー持ってへんし入りたいよ!!

夜6時にここに来い!一人12US$で入れてやるψ(`∇´)ψ

マジですか!? 音楽祭に入れるなら少々高くても払うよって思ってたからそういう奴を探してたんや!!

サマルカンド世界東洋音楽祭「シャルク・タロナラル」は招待制で通常一般客は入れない。


そういう訳で翌日のタシュケント行きのバスを調べたりして、約束の6時にその場所に行った。

周りではちゃんとしたバウチャーを持った人達がセキュリティーゲートを通っていく。

さっき、奴が俺らに見せたバウチャーを持っているようや。

せやけど奴は6時になっても現れない(((o≧▽≦)o

uzbekistan_1026.jpg

辺りは警察だらけで物々しい雰囲気やΣ(゚д゚;)

無理かーと思ってると6時半ごろに奴は現れた。

ボス待ってたよψ(`∇´)ψ

よし、裏口からサッと入れ!早くだψ(`∇´)ψ

一人15US$だ!

さっきより3US$高くなってるんやん!!

この警官たちが納得しないんだよ((゚m゚;)

まぁ仕方ない。OKだψ(`∇´)ψ

言われるがままにボスに着いて行き、少しの不安と高揚感がたまらない( ̄ー ̄;

海外で賄賂払って入る。さすが旧ソ連のお国柄や( ̄ー ̄; まぁ予想通りや^^

uzbekistan_1035.jpg

出演者側から普通に一般席に潜入成功ヽ(*´∀`)ノワーィ

大丈夫かな??という不安はすぐになくなり、ボスに別室で支払いを済ませた。

お主も悪よのーψ(`∇´)ψという言葉がぴったりの顔をしていた。

世界東洋音楽祭ということで日本の国旗もあり、前の方の席に日本人の法被を着た年配の男性陣が居た。

uzbekistan_1039.jpg

開会の挨拶、ご来賓の紹介などがあり、音楽祭が始まった!

uzbekistan_1041.jpg

こんな感じで各国の代表が民族音楽を演奏していくみたい。

さすがにウズベキスタン一の観光地のレギスタン広場でやると雰囲気がすごい!!

uzbekistan_1057.jpg

日本で言えば東大寺の前でやるようなものか!?

uzbekistan_1068.jpg

次々と各国の代表の演奏が続いていく。

uzbekistan_1069.jpg

しかし、前々日に遠目から見たようなショーの様なパフォーマンスは一切ない。

uzbekistan_1079.jpg

うーん、飽きてきたなー( ̄□ ̄;)

uzbekistan_1093.jpg

5日間続くこの音楽祭は大統領が来る日はもちろんすごいんやろうけど、後の日は毎日こんな感じなんかな!?

uzbekistan_1094.jpg

そろそろ、ジャパーン、エグザイル!とかユナイテッドステイトオブアメーリカ、リアーナっとか出てけーへんかな。

uzbekistan_1100.jpg

ベラルーシ!オバハンかよ( ̄ー ̄; この人は和田アキ子的なゴッド姉ちゃんをこの国は送り込んでるんやろうか?

uzbekistan_1106.jpg

てな具合ではしゃいでると、いやはしゃぎ過ぎてると前の席の男が振り返り、

「コエデカイヨ(╬◣д◢)」

ほんとすみません。どこで日本語が分かる人がいてるか分からんし、めっちゃ失礼なこと言うてました。

それからは大人しくなりました。。。

uzbekistan_1111.jpg

そんな感じの音楽祭の中で一際目立っていたのがブルキナファソであった。

uzbekistan_1113.jpg

世界で最も貧しい国と言われる内の一つや。

迫力のジャンベ演奏!!

会場はこの日一のアフリカンパワーに拍手喝采であった!!

はっきり言って期待してた音楽祭ではなかったけど、やっぱりこれを見るために日を合わしたし、ミッションを達成できたことに満足感で一杯やった^^

後の4日間はもっといいもん見れたんかもせーへんけどね。


帰り際、外に向かって歩いてるとさっきのボスが普通に床にペンキを塗ってた。

奴はボスじゃないんか?それともきめ細やかなところまで目の行く敏腕Pなのか?

どちらにしろ、荒稼ぎしたであろう奴のおかげで入れたわけや^^

uzbekistan_1117.jpg

こんな感じの警備の中、来賓のポップな格好をしたアメリカのプロデューサーとかも普通に目の前を通り帰っていった。

すごい音楽祭なんか、ゆるい音楽祭なんかよう分からんな( ̄ー ̄;

いやー、楽しかった^^


この日の満足感で翌日の最終日は普通にサマルカンドからバスでタシュケントに向かい、タシュケントのカフェでゆったりしてると夜の帰国の時間になった。

タシュケントは地下鉄に乗っただけで綺麗な女性だらけやった。

タシュケントはロシア系が多いようや!

もうちょっとウォッチングウォーキングするべきやったなと帰ってから思った。

このカメラ好きが最終日はなんと一枚も撮ってなかってんから( ̄□ ̄;)


ウズベキスタンは今まで行った国の中でTOP3に入るぐらいいい国やった。

人が最高に良い。

また訪れたい国やな( v^-゜)

sponsored links
<<前ページ 青の都サマルカンド
>>次ページ 舟屋の里井根町

ウズベキスタン関連記事

Rahmat Uzbekistan   ブハラを大好きな理由   職人の町ブハラのスザニ   リシタン陶器の町   タシュケント人による街案内   タシケントの結婚式   サマルカンド世界東洋音楽祭「シャルク・タロナラル」   青の都サマルカンド   ウルグットのスザニ・バザール   世界文化遺産サマルカンド文化交差路   ウズベキスタンの結婚式とTVデビュー   ウズベキスタン料理は8割バッター!?   列車の旅あるある   シルクロード商人の町 古都ブハラの想い出   オシャレ過ぎるブハラのウズベキスタン雑貨   世界遺産ブハラ歴史地区   ウルゲンチからブハラへ灼熱の砂漠を相乗り移動   月夜に映えるヒヴァにしかない青いミナレット   ディシャン・カラのヒヴァの生活感   ヒヴァの素敵な笑顔   ヒヴァの世界文化遺産イチャン・カラ   タシュケントの夜  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links