sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> イギリス > コヴェントリーと伯爵夫人ゴダイヴァ伝説

2009年11月01日

コヴェントリーと伯爵夫人ゴダイヴァ伝説

バーミンガムから30分ほどで行けるコヴェントリーへ行った。

伯爵夫人ゴダイヴァの伝説が伝わる町である。

たぶんゴダイヴァ(ゴディヴァ)からチョコで有名なゴディバは社名とシンボルマークを採っている。

綺麗な花をバックに立派なカウンシル・ハウス。

uk%20178.jpg

ハーバート美術館&博物館ではゴダイヴァ夫人についてついて知れる。

uk%20193.jpg

領主レオフリックがコヴェントリーの人々に重税を課しているのを見たゴダイヴァは、負担を軽くするように求めた。

ほんじゃぁレオフリックがお前が裸で町を歩いたら考えたるよって言ったらしく、ゴダイヴァはホンマに裸で馬に乗って町を歩いたらしい。

でも、住民はみんな裸のゴダイヴァを見んとこうしたのに、たった一人トム君は見てしまった。

ほんで覗き魔のことをピーピング・トムと言う。昔ラルクの歌であったな^^


新旧のコヴェントリー大聖堂。左が旧で右が新。

uk%20198.jpg

この辺の通りはいい雰囲気を出してる^^

uk%20209.jpg

コヴェントリー大聖堂も第2次世界大戦中、空爆を受けて廃墟となった。

uk%20214.jpg

少し残ってる大聖堂の残骸はルーインズと呼ばれている。

uk%20232.jpg

イギリスではあちこちで戦争が残した爪痕の大きさを知らされる…

uk%20234.jpg

一番の見どころが修復中やったのが少し残念。

uk%20228.jpg

ほんでコベントリー市から広島市の平和公園に贈られた彫像。

前に行った時には気にとめてへんかったけど今度行った時は探してみよう。

尊敬と平和のうちに国家と国家を結ぶって書かれている。

uk%20220.jpg

特にもともと広島市と繋がりがあった訳ではなく、ただ戦争の酷さを同じく知る町として平和を願いこのような取り組みをしているらしい。

新大聖堂内には千羽鶴も展示されていた。

新コヴェントリー大聖堂はすぐ横に建てられてるんやけど、おもしろいのがガラスに旧大聖堂が映るように造られていること。

uk%20237.jpg

内部にはめっちゃデカいステンドグラス。

uk%20245.jpg

ホーリー・トリニティの北側では過去に崩壊した教会を発掘してる。

uk%20249.jpg

それからコヴェントリー交通博物館に行った。

uk%20269.jpg

めっちゃいっぱいの車が展示されてて車好きには堪らんやろうな!

世界一速い車らしい。

uk%20266.jpg

最後にゴダイヴァ像を見て観光終了。

uk%20279.jpg

町の多くの建物が赤砂岩で建てられてるっていう印象的の町やったな。

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

イギリス関連記事

ロンドンは進化し続ける都市   雨と霧の街ロンドン   ロンドン観光ハイライト   カンタベリー大聖堂へ巡礼   ビッグ・ベンとウェストミンスター寺院   ロンドン夜間観光 ロンドン塔とタワー・ブリッジ   コヴェントリーと伯爵夫人ゴダイヴァ伝説   近代建築ブル・リングと歴史的建造物の調和?   英国第2の都市バーミンガムの夜  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links