sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> チュニジア > シェニニでドイツ語ツアーガイド

2009年08月07日

シェニニでドイツ語ツアーガイド

夜、現地人とウルルンして満足してもうたから朝早く起きて朝日を見ようと起きはしなかった…

でも砂漠はもう一回みたいから一人で見に行った。

早くも太陽の光が強くて、逆光やとかなり眩しい。

tunisia%20678.jpg

夜もそうやったけど朝も誰もいない静かな空間。

tunisia%20672.jpg

予想を大きく上回る感動を与えてくれたサハラ砂漠^^

tunisia%20681.jpg

テントに戻ろうとすると「ザキ!」ジダンの元気な声がした。

「マイフレンド、バイバイ!ありがとう!」


朝ごはんのお決まりのフランスパンを今日も食べ、クサール・ギレンを出発した。

行きと同じく荒れ果てた大地を今度は北上する。

tunisia%20687.jpg

こんなところに人が住むなんて信じられへん!

tunisia%20685.jpg

いっぱいの羊やヤギも暑い中ご苦労さん。

tunisia%20691.jpg

ふと気がつくとドライバーのおっさんの運転が荒くなっていた。

マジでシートベルトせんと飛ばされそうなぐらいガッタンガッタン揺れる。

どうやらおっさん、道に迷ったようや(((o≧▽≦)o

そらなんの目印もない道やからよう迷わんなって思ってたけど、ガチで迷ってますやん!

おっさん、俺コンパス持ってるから!北はあっちや!これでいけるやろ!

おっさん一応コンパスを見るも自分の経験を活かし?荒れ狂う大地を突き進む。

砂漠に来て初めて思ったわ。TOYOTAのランクルすごいな。

ようこんな道走って壊れへんわ。ランクルは日本で金持ちが乗る車じゃないな。やっぱりこういうとこでこそ性能を発揮できるってもんや!


なんとか道らしきところに出て、無事に帰路についた。

帰りの寄り道パッケージはシェニニ

tunisia%20709.jpg

岩山だらけの景色の山肌に村が作られている。

tunisia%20717.jpg

11世紀後半に作られた、最も古いタイプのクサールの村らしい。

tunisia%20737.jpg

ハイキングコースになってて結構観光客が来てる。

tunisia%20739.jpg

トーストンとドイツ語のガイドを聞きながら二人で歩く。

ここでトーストンとはいろいろ話した。

彼女のタビアは昨日から調子が悪いらしく、砂漠にも行かんかったし、ここでも待ってると言ったらしい。


「昨日さぁ、タビアが一人でテントで寝てたらチュニジア人の男がテントに入ってきて彼女にキスをしようと迫ったらしいんだ!」「マジで?大丈夫やったん??」「抵抗したら逃げて行ったらしいんだ。見つけたら警察に突き出してやろうと思ったんだけど見つからなくて。」「そうか。見つけたらシバかなあかんな!」

やっぱり女性一人になるのは気をつけよう。

tunisia%20746.jpg

「このツアーいくらした?」「えーと、160D(1万円ぐらい)かな。」「俺はすごく高いと思うんだ!」「そうかな!?まぁ今円高だから俺はラッキーだよ。」「昨日のラクダも20D(1400円ぐらい)って高いと思うんだよね。」「そうなんかな。」

俺は一泊二日の食事付き砂漠ツアーにはかなり満足してるし、ラクダにも満足したから全然安いと思うけどドイツ人とも価値観が違うらしい。

tunisia%20748.jpg

「今度日本に来たら案内するよ。」「こちらこそドイツに来たら案内するよ。」「どこがドイツで一番綺麗なまち??」「もちろん俺のところさ。西ドイツ。ケルンの近くさ。」「ケルン行ったことあるよ。でも、トーストンの町が一番綺麗なんやな!」

やっぱりヨーロッパ人は地元愛がすごい。

tunisia%20752.jpg

「俺モスクってのを見たことがないんだ。だから上まで上ろう!」「でもみんな待ってると思うし時間もあんまりないと思うよ。」「大丈夫だよ。みんな疲れてるし休憩してると思うよ。」「じゃぁ行こか!?」

結構自己中?ポジティブらしい。

結局モスクは入ることは出来ひんかったんやけど、いろいろ話せて楽しかった^^

tunisia%20720.jpg

暑いチュニジアでは水は一日何㍑も飲み、コーラも良く飲んだ。右がアラビックのコーラ!

ドイツ語を英語に訳して説明もしてくれる優しいトーストン、ダンケシェーン^^

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

チュニジア関連記事

チュニジアは過去最高の国や!   ラストはやっぱりシディ・ブ・サイド   世界遺産チュニス旧市街   アルジェリアに行きたいかも!   ハマメットを自由気ままに散歩   生きるか死ぬか?それとも完全死ぬ?   チュニジア人の家に泊まる!?   スファックシャンは良い奴?悪い奴?   スファックスでの出会い   タタウィンからスファックスへ   シェニニでドイツ語ツアーガイド   ウルルン滞在記 サハラ砂漠で人間愛にザキが出会った!   サハラ砂漠の想像を超越する魅力   クサール・ギレンを目指して   メドニンの人間味溢れる優しさ   ルアージュでフェリー移動   ガベスでオアシス巡りの馬車   チュニジア人とドライブ?   メドニンで感じるアフリカの大地   ジェルバ島の夜   クサール・ギレン行きサハラ砂漠ツアー予約   ジェルバ島のフームスーク   シディ・ブ・サイドの夜景   チュニジア料理の難敵クスクス   世界遺産カルタゴ遺跡へ   シディブサイドは世界一綺麗な町   シディ・ブ・サイドの青と白   アフリカ大陸初上陸  

コメント

チュニジアのコーラ、何かカワイイですねぇ~♪暑い国にいると無償に飲みたくなるもんですよね。私も昔、カンボジアにいたとき、普段は飲まないくせにコーラが無償に飲みたくなったことが何回がありましたよ。

砂漠の写真は本当に、わぁーーーって感激です。
実際に行かないと分からないんでしょうけど、でもすごかったんだろうなってのは想像できました。笑

アラビックのコーラも味はぜーんぶ一緒^^
普段飲まないですよね( ̄ー ̄;

サハラ砂漠はホンマ感動したな。
1年前が懐かしいです。

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links