sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> スイス > チューリヒのクラブも最高

2007年04月30日

チューリヒのクラブも最高

3人でチューリヒ湖を見に行く途中にガンガン音が漏れているところを発見。

先に湖に行って、夜の白鳥を見たらすぐに戻ってくる。

もしやと思い覗くと水曜日にも関わらず集まってるじゃないか、スイスの若者たちが。

ちょっと入るのをためらっていると一人の青年が声を掛けてきてくれた。

「一緒に入ろうよ。」って。

この青年がメチャメチャいい奴で24歳で俺とタメやったんやけど、
いろんな話をしてめっちゃいろんなことを知った。


彼の最初のツカミは東京出身の友達がおるって言ってて、
ちょっとだけ日本語喋れるとのこと。

スイス人「ワタシハヤリチンデス。」   下ネタかよ!

ほんまにテンション高くておもろい奴でいっぱい話した。


また入場にはクロアチアのクラブ同様IDが必要で俺しか持ってなかった。

でも、日本人なら入れてくれるよって。

なんでかって言うと、日本人は中に入ってお金を使ってくれると思われているから。


俺は「そんな外国の人が思っているほど日本は金持ちじゃない。
どう考えてもヨーロッパの方が高いし、マクドは半額で食える。」
とか言ってみる。

スイス人はスイスは金持ちな国のことを認めてて、
物価が高いことをスイスに住んでいたら特には感じないらしい。


おもしろいことを言ってた。

日本人がどこへ行ってもカモられたりすることは有名な話。

でも、スイスもヨーロッパの中で特に金持ちの国という位置付けがあって、
日本人いらっしゃーい。スイス人いらっしゃーい。いっぱいお金使ってね!
って感じで日本人同様に迎えられるらしい。

スイス人ってことでボッタくられることもあるらしい。


そんなことを話しながら中へ入る時のIDチェックでは、
他の子が「持ってない。」って言うと止められたんやけど、
なんか「お前らPRIDE知ってるのか!?」って聞いてきて
「もちろん!」って言うたらOKとか言われ入れてくれた。(笑)

中に入ると結構いっぱい若者たちがいるじゃないか!

スイス人「どうや、スイスの女達は!?」

俺「いいなぁ。」

スイス人「でも、スイスの女はヨーロッパ一難しい。」

俺「そうなんや。」

スイス人「フランスの女が一番簡単。男はFuck Youやけどな。
      ドイツの女も簡単やな!韓国の女も簡単やった。」

俺「4日前にクロアチアのクラブに行ってん。」

スイス人「クロアチアの女はデカイやろ。イギリスはデブや。
      ほんまにスイスの女が一番難しいんや。」

なんか国境またいであそこの国の女はとか言ってるヨーロッパってスゲーなと思った。

日本みたいな島国ではあんまり考えられへんもんな。

若者同士なんでこんな会話ばっかりしてた。(笑)


ほんでその辺におったスイスの女の子に俺らのこと紹介してくれて仲良くなった。

フィリピーナとスイス人のハーフの子で綺麗な子やった。

もちろん写真も撮ったで。

いろんなことを喋ったけどやっぱり日本は高い国って思われてる。


こんなことも聞いてみた。

「今日スイスに来て、後残り1日あるねんけどどこ行ったらいい??
ジュネーヴ行こうかなって思ってるねんけど。」

そしたら、何人かに聞いてんけどみんな揃って「ルツェルン」っていうねんな。

聞いたことないわって思いながらも明日調べるかってその日を楽しんだ。


ほんまにその男の奴はメチャメチャいい奴でビールもおごってくれたし、
常に俺らを気に掛けてくれてて楽しませてくれた。

現地の若者から聞く話は新鮮で、スイスの諸外国からの見られ方とかおもしろかった。

健全な男子なんで女の話とか多かったけど、
それが世界共通一番盛り上がるし仲良くなれるねんよな。

偶然見つけたクラブでめっちゃ楽しかったし、ほんまに良かった。

アゲアゲで1日1回ポチッと応援クリックしてね!

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

スイス関連記事

スイスという国への疑問   世界遺産の街ベルン   ルツェルンの白鳥の湖   ルツェルンに見る地球の美しさ   チューリヒのクラブも最高   金持ち国家スイス   アルプスの恩恵・スイス  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links