sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> ポルトガル > べレンの塔とテージョ川

2009年02月19日

べレンの塔とテージョ川

発見のモニュメントはテージョ川沿いでオバチャンが餌をやっていたから鳥たちがめっちゃ集まってた。

portugal%20211.jpg

かわいいらしい鳥。

portugal%20213.jpg portugal%20212.jpg

必死で鳥の写真を撮る外国人の俺をオバチャンも不思議そうに、でも微笑ましく見守ってくれた。

ほんで歩いて世界遺産のべレンの塔へ向かった。

すぐそこに見えるんやけどこれが結構遠かった。

portugal%20220.jpg

16世紀に船の出入りを監視する要塞として建てられたべレンの塔

portugal%20232.jpg

天辺からはリスボンの町とテージョ川が見える。

portugal%20230.jpg

対岸には俺の行きたい国の一つ、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロのキリスト像をパクって建てたクリスト・レイがあって行きたかったんやけど時間の関係で行かれへんかった。

portugal%20225.jpg

これでべレン地区を後にし、宿近くのコルメシオ広場まで市電で戻った。

これがリスボン名物のレトロな市電28番

portugal%20241.jpg

雨がキツくなってきたからちょっと宿に戻り、ウインドブレーカーを着て再出発。

宿周辺のバイシャ地区バイロ・アルト地区を観光することに。

portugal%20246.jpg

昨日の夜も見たサンタ・ジェスタのエレベーターを上り、展望台からリスボンの町並みを一望する。

portugal%20249.jpg

ロシオ広場と丘の上にはサン・ジョルジェ城が見える。

portugal%20250.jpg

サンタ・ジェスタのエレベーターからはカルモ教会の裏側に出るんやけど、運悪く日曜は休みで入られへんかった。

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

ポルトガル関連記事

リスボンのパノラマ景色   市電28番に揺られてアルファマ地区へ   ブラガは祈りの町   ギマランイスの歩き方   ポルトガル誕生の地ギマランイス   ポルトの絶景三つの顔   ポルトの夕暮れに大感動!   雨季の駆け込みサン・フランシスコ教会   ポルトガル人と母国語コミュニケーション   ファドとリスボンの夜景   べレンの塔とテージョ川   ジェロニモス修道院と発見のモニュメント   ペーナ宮殿と王宮のアズレージョ   シントラのムーア城跡へ一番乗り   リスボンの治安はいいのか!?  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links