sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> フィリピン > パオアイの世界遺産サン・オウガスチン教会

2010年03月31日

パオアイの世界遺産サン・オウガスチン教会

ラオアグから世界遺産サン・オウガスチン教会のあるパオアイへジプニーで向かった。

「パオアイに行きたいのか?」「そうや。ナンボ?何分ぐらい掛かる?」「30ペソ。20分くらいかな。」「OK!」

うーん、なかなか着かへんやん(((o≧▽≦)o

いつになったら着くんやろうか…そもそもちゃんとパオアイに向かってるんか?

と不安になってたんやけど50分ほど掛かって目的地に着いた。

別に混んでへんかったし倍も時間掛かってるやん(((o≧▽≦)o

そう、そんな時間を気にしないスローライフを送ってみたいもんや^^って違うやろ(≧∀≦)


よっしゃ、世界遺産サン・オウガスチン教会に着いたぞ。

philippines%20159.jpg

現地ではパオアイ教会と呼ばれてるみたい。

philippines%20151.jpg

加工珊瑚とレンガで造られたバロック様式のスペイン統治時代の教会。

でも中は壊れてるからかトタン屋根で補修されててもう一つ…

philippines%20152.jpg

外観はええ感じ^^

philippines%20167.jpg

ちとがっかり感はあるけど、静かなところや。

philippines%20169.jpg

ほんで元気な子供たちがいっぱいおって、めっちゃ寄って来る^^

philippines%20171.jpg

レストランでパスタ食ってビガンへの行き方を調査。

近くにバス乗り場があるらしい。

トライシクルでバス乗り場まで移動し、ここがバス停?っていうような何もない場所で降ろされる。

トライシクルの運転手とその友達に囲まれ、ホンマにいけるんかな?ってちょっと不安になったけどこの優しい笑顔見たら安心できるわ^^

philippines%20173.jpg

ほんで無事、ビガン行きのバスに乗り込んだ。

philippines%20174.jpg

結構豪華なバスや。

料金は1時間半ほど乗ってたったの100ペソ。

タガログ語とかの他に英語が普通に話されるフィリピンでは洋楽がかなりポピュラーや。

街はもちろんタクシー、バスの中でも音楽が流れ、ほんで乗客を気にせず歌うフィリピーノ^^

そんな陽気な感じ、嫌いじゃない!というか好きや。俺も人目を気にせずたまに口ずさんだ( v^-゜)

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

フィリピン関連記事

セブ島2014→2015年越し   台風直撃のボホール島観光   パングラオ島のアロナ・ビーチ   先進国の旅の素人が思う近くて遠い国   マニラの近代地区マカティ市のギャップ   俺はラッキー!?彼らはアンラッキー!?   プエルト・ガレラのリゾート地サバン・ビーチ   カレッサでビガン周遊がお勧め   ビガンで見た豊かな笑顔   世界遺産ビガン歴史地区の夜景   パオアイの世界遺産サン・オウガスチン教会   地方都市ラオアグの雰囲気   発展途上国の物価と環境   チャイナタウンとキアポの混沌と夜のマニラ   スペイン時代の面影を残すイントラムロス   マニラの治安は?マジでカツアゲ?   東南アジアを感じるフィリピンへ二人旅  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links