sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> 景観デザイン > 統一感のある眺望景観

2010年04月23日

統一感のある眺望景観

こちらはチェコ・プラハの景色です。赤瓦屋根で街全体が統一されている。

IMG_1282s.jpg

続いてこちらはスイス・チューリヒです。茶褐色の屋根が統一されていて素晴らしい眺景や。

IMG_1959s.jpg

プラハやチューリヒなど中世に栄えた街には、市内を河が流れています。

ポルトガルのポルトです。同じく茶色で統一されている。

portugal%20338s.jpg

別アングルで。

portugal%20447s.jpg

同じくポルトガルのリスボンです。

portugal%20681s.jpg

こちらはイタリアのボローニャです。茶色で統一されている。

IMG_1913s.jpg

発展途上国のインドは今はまだ統一性がある。

このまま独自の風土に合った街が残るのかはこれからのインド政府の政策次第やな。

india%20121s.jpg

そこで気になるのは我が国の眺景や。

日本といえば灰色の屋根瓦で統一されているのを期待したい。

日本一の観光都市、京都の街の京都タワーからの眺め。

kyoto%20shiga%20275s.jpg

残念ながら、コンクリート建造物で街が埋められていて、ヨーロッパの国々の景観とは大きく違う。

多くの街で地域のシンボル的な建物や、市街地周辺の山や海などの自然への眺望が失われている。

さらに、歴史的なまちなみ景観等の背景に地区外の現代的建築物が混在していることも多い。

都市の高層化がこれらのような眺望景観の悪化を招いている。

そんな中でも島根県松江市は、日本らしい景色をしている。

shimane%20165s.jpg

季節の変化を感じれるのは日本のいいところ。

岐阜県の白川郷では日本の原風景とも言うべき景色に出会えるが、国内のいろんなところを回ってるけどこんなところにはほとんど出会ったことがない。

shirakawago-takayama%20032s.jpg

ヨーロッパに行く度に日本との眺望景観の差を大きく感じてしまうのがめっちゃ残念や。

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

景観デザイン関連記事

心に残る夜間景観   日本の景観   統一感のある眺望景観   歩きたくなる町 建物と道路の関係   景観を形成する要素  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links