sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> 景観デザイン > 歩きたくなる町 建物と道路の関係

2010年04月22日

歩きたくなる町 建物と道路の関係

近代では道路があってそこに建物が建つというのが街形成のパターンやけど、中世では建物が道路を形成していた。

ヨーロッパでは公共空間を囲っている建物の表面は公共のものという考え方がある。

それは、建物が都市形態を形作るといった意識を強く住民が共通認識として持っているからや。

建物で囲まれた空間が通りであり 、建物の表面によって市街地の外部空間が形成されている。

建物は連担しており、通りと建物が一体となった町となっている。

tunisia%20074s.jpg

建物で囲まれた空間が通りのチュニジアのシディ・ブ・サイド。

古くから自然に出来上がってきた町では、街路が直線的に通り抜けてしまわず、町の中でカーブしたり、折れ曲がったり、T字路になったりすることによって視覚的に適度に閉じられることにより心落ち着く空間がつくられる。

portugal%20522s.jpg

ポルトガルのギマランイスの通りは折れ曲がっている。

IMG_1737s.jpg

カーブした道で視覚的に閉じられ落ち着きのある空間を形成しているクロアチアのザグレブ。

uk%20209s.jpg

正面の建物によりアイ・ストップが生まれ、通りは折れ曲がっているイギリスのコヴェントリー。


中田英寿がイタリアでのサッカー選手時代、チームメイトが練習後に毎日のように散歩に誘ってきたらしい。

イタリアでは広場や街路などの街空間は、プライベート空間やパブリック空間ではないサードプレイス空間として多くの人との交流する舞台であるということや。

中田の住んでたイタリア・フィレンツェの街。

IMG_0632s.jpg

日本には一体どのくらいの町が、散歩したい、町歩きしたいと思う空間を形成してるんやろうか!?

IMG_1345s.jpg

チェコのチェスキー・クルムロフ。こんな町空間なら散歩も自然とするんやないやろうか。

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

景観デザイン関連記事

心に残る夜間景観   日本の景観   統一感のある眺望景観   歩きたくなる町 建物と道路の関係   景観を形成する要素  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links