sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> カザフスタン > シムケントのオヴィールで滞在登録

2014年10月09日

シムケントのオヴィールで滞在登録

カザフスタンに再入国した。

今度は陸路のため、スタンプが一つしか押されていない。

たぶん滞在登録をしないとあかんやろうと考えられる。

真夜中の山越え国境でかなり冷える。

バスを待つ間も、ちょっと変わった奴にポニョ?ポニョ?と話しかけれる((゚m゚;)

バスの国境越えの手続きが結構時間掛かったようや。

再度バスに乗り込むとまた長距離バスで眠りについた。

朝になると目的地のシムケントに到着。

そのまま市内へ市バスに乗る。

適当なところで降り、宿を探す。

シムケントは特に何も無い町とのことやけど、見つけた宿に荷物を置き、モーニング^^

ちょっとゆっくりすると元気が出てきた。

ほんじゃぁ、やっぱり一日早くウズベキスタンのタシュケントに行く方がいいよなってことになる。

そこで通過だけのカザフスタンやけど、たぶん滞在登録せんとあかんような気がしたのでシムケント内のオヴィールっていう役所に行った。

Kazakhstan_0009.jpg

スタッフはなかなかええ感じの人やったけど、なんでこんなことをせなあかんのや!?

めんどくさい手続きを済ませた。

このまま出国するのも味気ないのでちょっとだけバザールを巡ることにした。

Kazakhstan_0014.jpg

デカいバザール!

せやけど特に目を惹くものはない。

カザフスタンのお土産とか名物はないん??と聞いてみる!

そんなものはない( ̄ー ̄;

何人かに聞いたけど、そんなものはないψ(`∇´)ψ

マジでか(((o≧▽≦)o

Kazakhstan_0030.jpg

シャシリクでも食うて行くか( ̄□ ̄;)

Kazakhstan_0019.jpg

旧バスターミナルからタシケントに向かう国境へいける。

Kazakhstan_0035.jpg

トイレのおばちゃんをキラキラ輝かせてみせた(´・ω・`)

Kazakhstan_0040.jpg

ミニバスに乗り込む。

Kazakhstan_0042.jpg

短過ぎるシムケント滞在であった。

Kazakhstan_0041.jpg

アルマトイとシムケントを合わせても一日ちょっとしかカザフスタンにはいなかったかな?

Kazakhstan_0043.jpg

なぜか国境までは行かず、中途半端なところで降ろされる。

あと少しで国境なのでヒッチハイクをしてみた。

簡単に停まってくれる。

普通に優しい夫婦で国境まで送ってくれた^^

スペシャルサンクスヽ(*´∀`)ノワーィ

ほんで国境前でオバハンが声を掛けてきた。

これを書きなさい。これを書かないとウズベキスタンには入れないと。

しかーし、何かおかしい。なんでまだカザフスタン出国してないのに税関申告書が必要なんや?

これを書かなあかんことは去年も行ってるから知ってるけど、こやつらこれで商売してるなと気付いたのでスルー┐( ̄ヘ ̄)┌

出国手続きに移った。

列を並ぶ。すると、

おーい、日本人はこっちだーと声を掛けられ、違う窓口にスルスルっと行けた。

順番を抜かし、パスポートチェック!

そして、奴らは滞在登録がされていないことを指摘して賄賂を要求しようとしたに違いないψ(`∇´)ψ

しかーし、俺たちはオヴィールにわざわざよって滞在登録を済ませているんやψ(`∇´)ψ

親指を立て、行っていいよと残念な表情を出さずやるじゃねーかと普通にイチャモン付けられることなくスルーヽ(*´∀`)ノワーィ

やってやったぜ!ただ早く出国できたのでラッキーや!!

sponsored links

カザフスタン関連記事

シムケントのオヴィールで滞在登録   アルマトイの眠れない夜  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links