sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> イスラエル > 死海ツアー申し込みでの勘違い

2011年01月25日

死海ツアー申し込みでの勘違い

神殿の丘を出て旧市街へ戻る。

israel%20256.jpg

道の真ん中に置かれたランプが怪しく灯る。

israel%20258.jpg

迷路の様な旧市街も一日歩くとだいたい覚えた^^

israel%20261.jpg

我ながらなかなか適応力があると感心する( ̄ー ̄;

israel%20262.jpg

狭い通りには細長い清掃車が通る!

israel%20279.jpg

道路標識にはこんなんもある。

israel%20265.jpg

日本の様に12/25が終わればクリスマスムードは終了というわけではない。


一旦ホテルに戻り、今後のプランについてスタッフに相談^^

「明日死海に行ってその後テルアビブに移動したいんやけど。」

「じゃぁタクシーを手配して行けばいい。250でいいよ。」

「250かぁ。」ということは250NIS≒6000円か。安いやん!

「今手持ちないからATM行ってくるわ。」

「ドルでもいいよ。」

「ATM行ってくるわ!」


それから昨日発見したダビデの塔近くのATMへ。

お金をキャッシングし、併設してあるツーリストインフォメーションで同様に死海ツアーについて聞いた。

「死海ツアーに参加したいんやけど。」「ツアーは死海とマサダに行って90US$です。」

マサダは遺跡系で今までの経験上俺は興味がわかへんと判断。

「死海だけ行きたいんやけど。」「じゃぁ72US$です。」

72US$っちゅうことはこれも6000円ぐらいか。でもその後テルアビブに行きたいしな!

ホテルで頼もう^^


早く帰って払ったほうがいいんやろうけどダビデの塔近くまで来てるから寄ってから帰ろう。

israel%20266.jpg

シタデル(要塞)とも呼ばれてるダビデの塔は歴史博物館にもなってる。

israel%20271.jpg

塔の展望台からの景色はエルサレムの街を一望出来る^^

israel%20275.jpg

青のダビデの星が記されたイスラエル国旗が風になびく。

israel%20276.jpg

暖かい朝日を浴びながらカフェでコーヒー飲んでくつろぎ、ホテルへ戻った。

「お待たせ^^はい、250NIS下ろしてきたで!」

「ちげーよ(╬◣д◢) 250US$だ┐( ̄ヘ ̄)┌」

「マジで!ドルかよ( ̄ー ̄; ほんじゃ高いわ(((o≧▽≦)o」

そらタクシーチャーターして死海行ってテルアビブ行ってその値段って安い思ってん( ̄ー ̄;


ちゅう訳で急いでツーリストインフォメーションへ戻った。

「やっぱりさっきの死海ツアー申し込みます。」「OK。」「あれって死海のエン・ゲディ・スパ行くんやんね??ほれ、この写真のとこ!」「あーこんな泥んこな感じね!なれるなれる(´・ω・`)」

「その後テルアビブに行くんやけど何時ぐらいに帰ってくるやろう??行けるかな??」「大丈夫だ。ここからバスステーションまでタクシーに乗って行けばテルアビブ行きのバスに乗れる。」

後ろから別の女性スタッフが「テルアビブ無料で行けるわよ。」と言った気がしたけどそんな訳ないなと流した。

明日朝、8時半にデーヴィッドシタデルホテルっていうバックパッカーには無縁の金持ちホテル前集合を告げられて予約完了。


さぁほんで今日は今からパレスチナ自治区のベツレヘムに行くぞーΣ(゚д゚;)

israel%20289.jpg

ヤッフォ門を出て城壁沿いを歩いてベツレヘム行きのバスが出てるダマスカス門へ向かった。

今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

イスラエル関連記事

厳しいイスラエル出国審査    ユダヤ系イスラエル人の友達   ヤッフォ海岸と旧市街オールドヤッフォ   世界遺産白い街テルアビブの都市計画   テルアビブの現代建築群   死海の泥んこパックで浮遊体験    イスラエル人とパレスチナ人   イエス・キリストの聖誕教会   パレスチナ自治区の聖地ベツレヘム   死海ツアー申し込みでの勘違い   イスラム第3の聖地 黄金のモスク岩のドーム   オリーブ山から見るエルサレムの夜景   ユダヤ人の聖地 嘆きの壁   聖地エルサレム まずはキリスト教聖地の聖墳墓教会  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links