sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> インド > マハラジャタウンで見る豊かな笑顔

2008年08月12日

マハラジャタウンで見る豊かな笑顔

バラーナス・ヒンドゥー大学を出ると次はなんかマハラジャの住んでた所を見たいか?って聞いてきた。

もちろんマハラジャとかおもろそうやから行くよ。

ほんでガンガー沿いに着き向こうに見えるのがマハラジャの住んでた所だと言う。

それは地球の歩き方に載ってるラームナガル城のことやった。

乾季には橋が架けられリクシャーでいけるらしいけど、雨季の今はボートかメッチャ遠回りで車で行くかしかないらしい。

ボートのオヤジと交渉し400Rsと言われたけど350Rsで成立。

昨日のボートの2300Rsはなんやったんやと思いながらも、まぁここは中心地とは離れていて警察の心配も全くないところ。

でも、昨日と違うのは年寄りオヤジが一人で漕ぐということ。

india%20536.jpg

オヤジ一人でガンガーを対岸まで渡ることはかなりの重労働やと思う。

ここでも涼しい顔して乗ってる日本人の若僧の俺は一体何者なんやろう!?

ガンガーの対岸は不浄の地とされ何もなく、動物の死体にカラスが喰らいつきラームナガル城だけが建っている。

india%20544.jpg

対岸に着いた。

india%20546.jpg

ラームナガル城まで歩いて行ったんやけどちょうど閉館時間で中には入られへんかった。

india%20552.jpg

ラームナガル城周辺の町は雨季だから観光客が少なくて珍しいのかどうかは分からんけど、子供達がメッチャ俺に興味を示す。

そこら中から「ハローハロー」と声を掛けてくる。

それも街の子供の金金金と行った感じじゃなくて嬉しそうに寄ってくる。

貧しい国の豊かな笑顔。メッチャ可愛いやんけ!俺の選ぶこの旅のベストショット。

india%20558.jpg

ラームナガル城はどうでもよかったけどここの人達は何か暖かいし和むわ。


再度ボートに乗り込み、俺を撮れという沐浴中のオッサン。

india%20562.jpg

ホンマに子供の笑顔がいい。

india%20568.jpg

ガンガーから見るマハラジャタウンラームナガル城

india%20586.jpg

ガンガーから見るラームナガル城は結構味があっていい。

帰りのボートに乗ってきたオッサンの笑顔もええわぁ。

india%20598.jpg

曇ってて俺の期待したガンガーの夕陽は見られへんかったけどメッチャいい景色。

india%20596.jpg

今日もまたガンガーを独り占めした気分になり最高やった。

ボートのオヤジにチップ20Rsを加えて渡し、またリクシャーに乗った。

その後もトゥルスィー・マーナス寺院やモンキーテンプルとかいうとこにも連れて行ってもらったけどここは大しておもろなかった。

でもこのリクシャワーラーと行動した半日は大満足で、バラナシ市内まで戻った。

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

インド関連記事

インドの可能性   デリーでネパール人化   イスラム最高建築物タージ・マハル   ムガル帝国のアグラー城   タージ・マハルを見ながらラクダに乗りたい。   インドの子供たちにモテモテ   世界遺産ファテープル・スィークリー   アグラーのヤリ手経営者   バラナシの占い師 『According to 手相』   インド名物ニュー下痢ー   マハラジャタウンで見る豊かな笑顔   リクシャーワーラーの現実   インド映画と俺の見るインド   ガンガーの雨季のボート   マニカルニカー・ガートの火葬場   白人バックパッカーと行動   2等寝台列車での触れ合い   カルカッタ商人と物々交換   ヒンドゥー建築のビルラー寺院に感動   カルカッタの劇団詐欺   インド人のドライビングテクニック   世界遺産クトゥブ・ミナールで休息   インドの物乞いとどう接する?   ジャマー・マスジットでの失敗   初サイクルリクシャー   インド一人旅へ出発   インド一人旅を計画  

コメント

穏やかな感じで、笑顔が素敵で、癒されますね~♪

ボートを漕いでる、オヤジさんは、河を渡って、スゴイですね!

漕いでもらっていると、極楽ですね☆

景色も綺麗し、最高ですね♪

>cocoa

みんないい笑顔やろ。

ボートのオヤジは一人でよう頑張ってくれた!

ガンガーを独り占め気分は最高やね。

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links