sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> インド > インド人のドライビングテクニック

2008年08月01日

インド人のドライビングテクニック

デリー観光を終え、国内線でカルカッタ(コルカタ)へ空路で移動。

カルカッタの空港から市内へは先払いのプリペイドタクシーを初めて使ってみることにした。

空港を出れば当たり前のようにめっちゃいっぱいの奴が声掛けてくる。

ふふーん、でも俺はプリペイドタクシーを予約済みや!寄ってくるんじゃねー!

でも、一人の奴が俺はキャッチじゃないと言いたげにチケット見てそこに書かれたナンバーを読み上げてくる。

あれっ?こいつがタクシーの運転手か。こんな感じでドライバーが自ら予約した客を探すのね。

「さぁこのタクシーだ、番号見てみろ!これで合ってるだろ。」「せやな。さぁ乗ろう。」「ちょっと待て、教えてやっただろ。金だ。100Rs。」

「すいませーん。運転手さーん。無視して行って下さい。」

「おいおい待て、金だカネーーー。」

うーん、油断も隙もあったもんやないな。


それから市内へタクシーは向かい始めるんやけどデリーでもそうやったけどインドの奴らは運転がめちゃくちゃ荒い。

まず車線はほとんどのところがなく、彼らにとっては車線なんて必要なく横に並べるだけ並べばいいんやというぐらいギュウギュウ並ぶ。

ほとんどの車にミラーが付いてない。俺は最初事故ってミラー当たってとれたんかなって思ったけど、逆にミラーしてたらスペースなくなるし邪魔になるから取ってるみたいや。

どんなんやねん(≧∀≦)

ほんで、プープープープーどんなけクラクション連打するねん。

うるさいねん。

もし大阪ミナミでこんだけプープープープークラクション鳴らして走ってたら3分ぐらいで恐らくヤクザかヤンキーに「プープープープーうるさいんじゃコラー、しばくぞ(╬◣д◢)」って間違いなくカラまれるやろう。

でもヤクザやヤンキーが怒ったところで運転手がインド人ならものすごいドライビングテクニックで脱出するやろう。

俺が思うに絶対インド人にF1とかバイクのレーサーの訓練を受けさせたら世界一速いの男が生まれるだろう。

ほんで向かったのはサダル・ストリートの伝説の日本人宿と言われるパラゴンホテル

パラゴンの前の道でオッサン立っションするんじゃねー(╬◣д◢)

めっちゃ臭いやんけー!でもオッサンはちゃんと立っションしてた。石を積んだだけの公衆トイレで↓

その後もただ石を積んだだけの公衆トイレを数多く見かけた。


パラゴンに着いた時はすでに10時前で行きたかった夜のビルラー寺院を諦めた。

部屋はシングルで150ルピー(380円)

パラゴン内は長期滞在者ばっかりじゃないとは思うけどすでにグループが出来てて、一泊しかせーへん俺は特に彼らとからまへんかった。

というより、いつもなら仲良く旅話をするんやけどなんか入れる雰囲気じゃなかったな。

さぁ、寝るだけや……暑いー!

… … …

痒ッ(((o≧▽≦)o

誰がダニとドミトリーにしてって頼みましたか(((o≧▽≦)o

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

インド関連記事

インドの可能性   デリーでネパール人化   イスラム最高建築物タージ・マハル   ムガル帝国のアグラー城   タージ・マハルを見ながらラクダに乗りたい。   インドの子供たちにモテモテ   世界遺産ファテープル・スィークリー   アグラーのヤリ手経営者   バラナシの占い師 『According to 手相』   インド名物ニュー下痢ー   マハラジャタウンで見る豊かな笑顔   リクシャーワーラーの現実   インド映画と俺の見るインド   ガンガーの雨季のボート   マニカルニカー・ガートの火葬場   白人バックパッカーと行動   2等寝台列車での触れ合い   カルカッタ商人と物々交換   ヒンドゥー建築のビルラー寺院に感動   カルカッタの劇団詐欺   インド人のドライビングテクニック   世界遺産クトゥブ・ミナールで休息   インドの物乞いとどう接する?   ジャマー・マスジットでの失敗   初サイクルリクシャー   インド一人旅へ出発   インド一人旅を計画  

コメント

インドの運転手さんは、クラクションを鳴らしながら

ゴーカートみたいに激しくて、ビックリで、面白いですね!

でも、ドライバーさんとの待ち合わせは、探し方が良く分かりませんよね。

私は、帰りにお迎えがあるのを、知らなくて、ガイドさんをスルーしてました・・


パラゴンに行かれたのですか?!

パラゴンに、ターバンを巻いた、バックパッカーさんはいませんでしたでしょうか?

その方と、一緒に、カーリーガードに行く約束をしてたのに、はぐれてしまい、申し訳なかったなぁと思っています・・

普段は、携帯電話に頼ってるから、待ち合わせが難しかったです。

ドミトリーは、バックパッカーさんならではの、一期一会の貴重な環境なのでしょうね~☆

>cocoa

インド人の運転なんか恐いけど安心できますよね笑

一泊だけパラゴン泊まりましたよ。

ドミトリーはバックパッカーならではなのですが僕はパラゴンでは馴染めませんでした(((o≧▽≦)o

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links