sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> インド > インド一人旅へ出発

2008年07月27日

インド一人旅へ出発

今日、インドから日本に帰ってきた。

今まではたまに自分のことを貧乏旅行者だと言ってしまったこともあるけど、俺は貧乏旅行者ではない。

バックパッカー貧乏旅行ではない。

俺は旅のスタイルがバックパッカースタイルなだけであって、特にパックツアーで旅行している日本人と変わりない海外旅行者であるということ。

サイトのタイトル通りただ自分が自由に一人でバックパッカースタイルで海外旅行をしているということ。

なぜなら海外に行ける時点で貧乏ではないし、インドでは安宿に泊まったり安い電車にも乗ったけど、そうでない時もあった。

多くのインド人からすればその値段は決して安くはない。

でも俺はインドを短い時間でいっぱい見るために金を使ったし、騙されてるのを分かりながら払ったこともあったし、ボッタくられてるの分かってても払ったこともあった。

だから俺にはインド人の目線でインドを見るって事はしない(出来ない)海外旅行としてインドを楽しんだ。

早速、固い話は置いといて、かなりおもしろかった濃い旅のインド旅行記を書いていきたい。


自分では旅には慣れたつもりやけどなぜかインドに行くのはちょっと緊張してた。

いろんな噂を聞くインド、待ってろよー、今から行ったるからなー^^

ほんでいつも通り関空へ向かった。

出国手続きも済ませ、搭乗口の前で待ってると早くも外国人がたくさん。

搭乗まで隣のウルグアイ人のおっさんと話してた。

大阪大学に数学の会議に来てたというおっさんのノートには何やら、微分積分とやたら難しい数式が並んでた。

恐るべし、俺の見た初ウルグアイ人。


飛行機は香港経由でインドに行くねんけど、関空では飛行機から香港で降りないでもそのまま行けると言われてた。

でも、香港に着くと何やら英語でアナウンスが流れるんやけど、降りろゆうてるの降りんなゆうてるのか肝心の所が聞き取れなかった。

まぁ、日本人特有の右に倣えで誰かが行動するのを待つ。

皆がそう考え、誰も動かへんから歩いてきたおっさんCAに英語で降りなあかんのか聞いてみた。

ほんじゃそのおっさんCAは俺を英語が話せる日本人と見たのか
「日本人か?日本語喋れるよな!ちょっとこっちに来てくれ。」「なんで?」「いいからいいから。」

この飛行機は乗り換えなあかんくなって、違うゲートに行ってくれとのこと。
「さぁこれで日本語で言ってくれ。」

おいおいマジでかよ。機内アナウンスのマイクを渡されてしまった。

俺が中川家の礼二とかなら電車から飛行機に変わったぐらいでは難なく似せて言えるんやろうけど俺はそんなに器用じゃない↓

「えー、日本人の皆さん、降りてください … … … とのことです。」

しょーもなく人生初の機内アナウンスを難なく?こなし、インド人CA達にグッジョブという仕草をされ、再びインド・デリーへ機内食のカレーを二度も食いながらむかった。

というか英語のアナウンスに誰一人反応できない日本人ってどうなんやろう。。。


さぁ、デリーに着いたぞ。

悪名高いインディラー・ガンディー・国際空港のタクシーを避けるように、バックパッカー仲間からアドバイスを受け、送迎付きのホテルを初日のみ予約を入れてた。

地球の歩き方にちっちゃくメールアドレスだけ載ってたドルジーさんに迎えに来てくれるようにメールで依頼してた。

機内で隣の席だった同い年のカズヤが宿を決めてないとのことで一緒に行くかって誘ってあげた。

空港を出るとすぐにドルジーさんは俺の名前を掲げ待っててくれた。

「もう一人一緒に行けるか?」って聞くと「大丈夫、車はおっきいから」。

ワゴンを想像した俺とは違い、実際車はちっちゃいやん。

india%20004.jpg

ちょっと送迎&ホテル代は高かったけど、無事ニューデリー駅近くのメインバザールに辿り着き、お金を割り勘。

時間は10時頃やけど、さぁ軽く飯を食おう。

india%20006.jpg

ピーマンと思いきやハバネロちょー辛ぇ。


不気味な雰囲気の夜のメインバザール。右がチベット系インド人のドルジーさん。

india%20016.jpg

明日から、思いっきり楽しもう。

ポチっと応援クリック毎度おおきに^^今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

インド関連記事

インドの可能性   デリーでネパール人化   イスラム最高建築物タージ・マハル   ムガル帝国のアグラー城   タージ・マハルを見ながらラクダに乗りたい。   インドの子供たちにモテモテ   世界遺産ファテープル・スィークリー   アグラーのヤリ手経営者   バラナシの占い師 『According to 手相』   インド名物ニュー下痢ー   マハラジャタウンで見る豊かな笑顔   リクシャーワーラーの現実   インド映画と俺の見るインド   ガンガーの雨季のボート   マニカルニカー・ガートの火葬場   白人バックパッカーと行動   2等寝台列車での触れ合い   カルカッタ商人と物々交換   ヒンドゥー建築のビルラー寺院に感動   カルカッタの劇団詐欺   インド人のドライビングテクニック   世界遺産クトゥブ・ミナールで休息   インドの物乞いとどう接する?   ジャマー・マスジットでの失敗   初サイクルリクシャー   インド一人旅へ出発   インド一人旅を計画  

コメント

お帰りなさいませ!  お疲れ様です!

インドは、金銭感覚が、明らかにおかしくなりますね。

日本との物価の差のスゴさを、感じてビックリしました。

でもさすがパッカーさん達は、やりくり上手ですね。

負け惜しみじゃないけど

節約しようと思うと、出来そうだけど

だまされても、シレテル?妥当?みたいな・・・

途中から、インドの人が、少しチップで喜ぶなら

と、気持ち良くチップをジャンジャン渡していました・・・

でも、インド人に巻き込まれずに、上手に旅をするのも

楽しそうだなと思い、リベンジしたい気持ちもあります☆

日本人=お金 と見られないで

善良なインド人との交流は、素敵だろうなと思いました。

インド人は、面白いですもんね。

>cocoaさん

お疲れ様です。

僕はやりくり上手のバックパッカーではないですよ(≧∀≦)

節約する所は節約して使うとこは気前良く払う。

そして、騙されてても金はらわなできひんことは金を払ってする。

そんな感じでしたね。

インドにめっちゃはまったみたいですね!

コメントを投稿

インド一人旅へ出発へのトラックバック

下記一覧は、この記事を参照しています インド一人旅へ出発

» タイ旅行 ツアー from タイ旅行 ツアー
派遣バイトについて [続きを読む]

カスタム検索
sponsored links