一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME>インド

インド

インドでの個人旅行記です。観光した街|デリー・カルカッタ(コルカタ)・バラナシ(ヴァナーラス)・アグラ(アーグラー)

sponsored links

インド記事一覧

インドの可能性

今日で最後やし自分の足で歩こう。 しかし暑っいしバックパック重いな。 「おーいど...

デリーでネパール人化

朝一でタージ・マハルの見学を終え、終に出発地であり終着地でもあるデリーへ戻る為に...

イスラム最高建築物タージ・マハル

観光最終日はタージ・マハルのオープン時間である6時に行くので5時過ぎに起きた。 ...

ムガル帝国のアグラー城

キャメルライディングを楽しみ、韓国人とお別れして次に向かったのはアーグラー城(ア...

タージ・マハルを見ながらラクダに乗りたい。

オッサンの家を出てタージ・マハルの対岸へ向かった。 リクシャを降りて河川敷に向か...

インドの子供たちにモテモテ

ファテープル・スィークリーを出てアーグラー市内へ戻り、アグラーの見所を観光をする...

世界遺産ファテープル・スィークリー

オートリクシャで始めに向かったのはアグラーから1時間ぐらい掛かる世界遺産ファテー...

アグラーのヤリ手経営者

バラナシからアーグラーまではまたまた10数時間の長距離の移動。 体のことを考え、...

バラナシの占い師 『According to 手相』

病院からいろいろお世話になったババ・ゲストハウスに戻って、スタッフに礼を言いチェ...

インド名物ニュー下痢ー

市内に戻るとモケが俺の帰りを待っていた。 モケの店にまた行って休憩してると、やっ...

マハラジャタウンで見る豊かな笑顔

バラーナス・ヒンドゥー大学を出ると次はなんかマハラジャの住んでた所を見たいか?っ...

リクシャーワーラーの現実

次に向かったのはバナーラス・ヒンドゥー大学。 バナーラス・ヒンドゥー大学までバラ...

インド映画と俺の見るインド

翌朝、モケとの待ち合わせ時間は10時やった。 大雨でちょっとブチろうかなって思っ...

ガンガーの雨季のボート

モケに聞いてみた。 「なんでガンガーにボートが出てへんの?」「今は雨季だからボー...

マニカルニカー・ガートの火葬場

街を歩いているとホンマにいろんな奴が英語&日本語で話しかけてくる。 一人の少年が...

白人バックパッカーと行動

インドで一番おもしろいとこって多くの人がいうバラナシに着いた。 寝台車で一緒にな...

2等寝台列車での触れ合い

インド初の寝台車での移動でカルカッタからバラナシへ向かう。 3段寝台(SL)でい...

カルカッタ商人と物々交換

カルカッタの観光も行きたい所はだいたい行ったから、後は夜の電車まで暇つぶしをせな...

ヒンドゥー建築のビルラー寺院に感動

バラナシ行きの寝台列車も予約できて、ようやくカルカッタ観光が出来る。 その前に両...

カルカッタの劇団詐欺

最強に寝苦しい夜を過ごし、朝も早くから快調にカルカッタ観光に出掛けた。 モーニン...

インド人のドライビングテクニック

デリー観光を終え、国内線でカルカッタ(コルカタ)へ空路で移動。 カルカッタの空港...

世界遺産クトゥブ・ミナールで休息

世界遺産クトゥブ・ミナールに着いた。 塔の外壁にはコーランの文句が図案化され彫刻...

インドの物乞いとどう接する?

急ピッチでデリー市内を駆け回った。 インド門。フランスの凱旋門と比較してみよう。...

ジャマー・マスジットでの失敗

デリーではここが一番見たかった、ジャマー・マスジット。 入り口では靴をぬがなあか...

初サイクルリクシャー

朝早くに起き、早速デリー観光へ出発。 あっ、野良牛や。 実際は野良ではなく誰かの...

インド一人旅へ出発

今日、インドから日本に帰ってきた。 今まではたまに自分のことを貧乏旅行者だと言っ...

インド一人旅を計画

旅行好きの人やバックパッカー仲間、ほんで旅で出会うたくさんの旅人達の間で定番とな...
sponsored links