sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> エジプト > エジプトに宗教抗争はあるんか?

2011年02月13日

エジプトに宗教抗争はあるんか?

飛行機の時間までこの旅一番のお気に入りナイル川の夕陽を楽しもう。

egypt%20893.jpg

すると昨日のフルーカの男が再び現れ、バナナアイランドに行かないのかと誘ってきた。

「バナナアイランドにジェット付きボートで1時間掛けてあっちの方にいってバナナにマンゴーにフルーツ食べて帰ってくるっていう最高に楽しいプランだぜ!」「でも俺時間がないねん。5時にはここに帰ってこなあかんし。もうすぐカイロ行きの飛行機に乗るんや。」「大丈夫だ。俺のボートは超早いからな。ぶっ飛ばして帰って来れる。15分だ。」「いやー行きたいのはやまやまやねんけど時間がねー。ほんで何ぼなん?」「大丈夫だよ。行くぜフレンド。50£Eだ。」「だから行きたいねんけどホンマに時間ないねん。20£Eやったら考えるけど。」「大丈夫だ。5分で対岸に行って5分で帰ってくる。俺を信じろ!」

ていうか絶対行く場所変わってるやん。最初1時間掛かるって言うてたとこ5分になるわけないやん(((o≧▽≦)o

でもこいつと絡むのおもろいし、行ってやろう^^

「よっしゃ。行こう!マジで5時に帰ってこなあかんからな!」「任しとけ!」

ほんでボートは最初示した方向ではなくただの対岸に向かった。

egypt%20895.jpg

今日も空が赤く染まっていく。

さぁ、着いたぜ。これがバナナだ!

egypt%20910.jpg

ふーん( ̄ー ̄;

マンゴーは夏じゃないと出来ないからな。 ほら、バナナすごいだろ(´・ω・`)

バナナアイランドねー((゚m゚;) そらガイドブックにも載らんわ┐( ̄ヘ ̄)┌

egypt%20917.jpg

今日の夕陽も綺麗やけど、昨日の方が綺麗やったな^^

ほんでバナナの土産をもらい、時間がないから急いでボートに戻った。

バナナアイランドはしょーもなかったけどこいつと絡むのはおもろかった( v^-゜)

写真撮らせてと言うとこの時だけは顔バレNG(´・ω・`)

egypt%20926.jpg

20£E+5£Eチップで大学生のバイトに貢献!

お前とのフルーカ&ボートの2回のクルーズ楽しかったよ。


ほんでルクソールの空港に行き、カイロへと1週間ぶりに帰ってきた。

俺はもうカイロは極めている( v^-゜)

市内のタハリール広場行きのバス停へ行く。

でもなかなか思ったバスは発車しそうにない。

そこでラムセス通り行きのバスがあってそれに乗ることにした。

1週間前泊まった宿はラムセス通り沿いやしな。

前よりも安い1.5£E(約20円)でラムセス通りに到着。

あれーここどこや(((゜д゜;)))?

俺の思ったとことは全然違う。

早く宿に着きたいのに重いバックパック背負ったまま路頭に迷う。

俺全然カイロ極めてないやんΣ(゚д゚;) 俺の旅人としての実力を過信してしまった( ̄ー ̄;

ラムセス通り言うても大阪の御堂筋みたいなもんでそりゃ長いわな…

だいたい方向分かったし歩こう。

何かテロあったからか警備してるんか??

egypt%20932.jpg

こんな風景が異常に気になる。

地下鉄2,3駅分ぐらい歩き、前泊まった宿に到着。

年始で忙しいからメールくれって言われて送ってんけど返事がなかった宿((゚m゚;)

さぁ泊めてくれ!

満室で無理ですΣ(゚д゚;)

メール返事せんかいバカヤロー( ̄へ  ̄ 凸

隣のビルにも宿があることを聞き、そこで泊まることにした。


ほんで気になってたアレキサンドリアのテロ情報をヤフーニュースで検索。

以下、産経新聞記事より引用。

エジプト北部アレクサンドリアにあるキリスト教の一派、コプト教の教会前で1日未明、自爆テロとみられる爆発があり、コプト教徒ら21人が死亡、79人が負傷した。同国のムバラク大統領はテレビ演説で「外国勢力のテロ」の可能性が高いと指摘。エジプトは1990年代以降、イスラム過激派の封じ込めに成果をあげてきたとみられていただけに、今回のテロは国内だけでなく、米欧諸国にも衝撃を与えている。

 爆発は1日午前0時半ごろ、市内の住宅街で発生した。教会には新年を祝うミサに参加するため約千人の信者が集まっていた。教会前のモスク(イスラム教礼拝所)も爆発で損壊した。

 爆発後、怒ったコプト教徒の一部が抗議デモを行い、イスラム教徒と衝突。車に放火されるなどの騒ぎとなり、治安部隊が鎮圧した。

 アレクサンドリアが強力な地盤であるイスラム主義組織、ムスリム同胞団は「暴力はイスラムに反する」との声明を出し、事態の沈静化を呼びかけた。

 今回の事件の背後関係は分かっていないが、近年目立っているイスラム教徒とコプト教徒の反目をさらに強める狙いもあったとみられる。

 人口の約9割をイスラム教徒が占めるエジプトでは近年、残りの約1割のコプト教徒への暴力事件が頻発。昨年後半には、「イスラムに改宗した女性をコプトが拉致した」などと主張する一部のイスラム教徒が各地でデモを繰り広げた。

 昨年10月末には、イラクの国際テロ組織アルカーイダ系武装勢力「イラク・イスラム国」が、バグダッドでのキリスト教会襲撃事件の犯行声明で、この「改宗問題」に言及しコプトへの攻撃を扇動、当局が警戒を強めていた。

 一方、少数派のコプト教徒には就職などで差別的な待遇を受けていると感じる者も少なくない。昨年11月には、教会建設が当局の意向で中止に追い込まれたことへの抗議デモが当局との衝突につながった。

 今回のテロ事件後、信者同士が衝突したことは、きっかけさえあれば双方の潜在的な不信感が噴出する危険性があることをあらためて見せつけたといえる。

 コプト教の暦では1月7日がクリスマスにあたることから、エジプト国内ではさらなる攻撃を懸念する声も上がっている。オバマ米大統領は、爆発にイスラム教徒も巻き込まれたことに触れ、事件を「野蛮で恥ずべき行為」と非難した。


マジですかΣ(゚д゚;) アルカイーダですか(((゜д゜;)))

俺のテンションは民主党の支持率のように急落した( ̄ー ̄;

でも俺明日宿予約してるしな。

明日明後日カイロとか暇やしな。

どうしよう。でも行ったらあかんよな。

せやけどイスラム教徒がコプト教会に突っ込んだ??

俺はエジプトで一緒になって働く両教徒を見たぞ。

あいつらは「この人はクリスチャン。俺はムスリム。」とか仲良く言うてたぞ。

ホンマにエジプトに宗教抗争なんかあるんか???

俺はなんか信じられへんかった。

今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

エジプト関連記事

エジプト人と等身大コミュニケーション   カイロで人間ウォッチング   アレキサンドリア観光 肌で感じた空気   アレクサンドリア行きの葛藤   エジプトに宗教抗争はあるんか?   カルナック神殿で再確認   アレキサンドリアでテロとの情報   デンデラのハトホル神殿はエジプト一の遺跡   フルーカから見るナイル川の夕陽   王家の谷とハトシェプスト女王葬祭殿   ルクソール西岸サイクリング   エジプト流年越しはおっさんとベリーダンスショー   エジプト料理のシシ・タウークが美味い   ルクソール神殿のライトアップ   ハーン・ハリーリとマドラサ夜間拝観   サッカーラの階段ピラミッド   ラクダの上から見る光景   ギザの3大ピラミッド   エジプシャンからのお願い   イスラーム地区の世界遺産建築群   オールドカイロのクリスマス   戦場カメラマンになる!?中東問題調査に出発  

コメント

こんにちは。初めてコメントします。
僕も一人旅は好きで出かけることがありますが、こんなに素晴らしい写真と記事は書けませんね~(^^;)参考になります。

ブログを持っているのでよろしければ相互リンクなどしていただけると幸いです。よろしくお願いします(^^)♪

>takaGTさん

初コメントありがとうございます。
そう言って頂けると嬉しいです。
もうこのブログ始めてから4年以上経ちましたからね。
だんだん丁寧になって時間が掛かります(((o≧▽≦)o

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links