sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> エジプト > 戦場カメラマンになる!?中東問題調査に出発

2011年01月12日

戦場カメラマンになる!?中東問題調査に出発

エジプト・イスラエル中東に行って来た。

周りの人間に中東に行くっていうとやっぱり一番に出るイメージは危ないと感じるらしい。

エジプトはまだ分かるけどイスラエルって聞くと危険なところに行くねんな((゚m゚;)気い付けやってめっちゃ言われた。

そんな年末年始の中東旅行に『戦場カメラマンなってくるわ!』とふざけて言うて行ったけど、平和な日常の中でエジプト滞在中にアレキサンドリアで元旦にテロがあった。

なんでそんなことが起こるんやって残念な気持ちに旅中はなった。

短い間で何も分かったわけちゃうけど、いろいろと肌で感じた良い旅やった^^


初めて乗るエジプト航空は関空発ルクソール経由カイロ行きの17時間の空の旅。

クリスマスイヴの夜に飛行機に乗り込むアラサー男子は、同じように寂しいイヴを機内で過ごす女子との出会いを微かに期待しながら搭乗した。

せやけど、隣は空席の2人掛け( ̄ー ̄;

しかも後ろはクリスマスに旅行と思われる若者カップルで、女が異常にテンションが高くかなりうるさい(╬◣д◢)

そりゃテンション上がりますわなー。クリスマスに海外デートですか( ̄ー ̄;

中国人以外で初めて機内で迷惑な奴に会ったと思ったのは日本人やった。

うるさいんじゃコラーって口から出かけたらやっと寝やがった( ̄ー ̄;

という半分ひがみで旅は始まった。

モニターも付いてへんような飛行機やったけど、南米への30時間を経験してるとそんなに辛くもなかった。


カイロには朝に到着。

空港ではいつもの様にATMでエジプシャンポンド(£E)をキャッシング。(1£E≒15円)

出てきたのはもちろん札でたぶんこれから小銭が必要!

ということで空港内のコンビニ的なところで水を買おう。

8£Eの水で100£Eを出すと「そんなデカイ金釣りがないよ。」って発展途上国お決まりの回答( ̄ー ̄;

ほんじゃぁええわって店を出ようとするとなぜかじゃぁあげるよって水をタダでくれた(((゜д゜;)))?

いやいやいや┐( ̄ヘ ̄)┌どういうこと???

しゃーないから小銭を持たず、カイロ市内行きのバス乗り場へ移動。

「タフリール広場に行きたいんや。」「今から出るからこのバスに乗れ!」「俺小銭持ってへんけど大丈夫?」「OK。乗れ乗れ!」

バスは走り出すと乗客は俺と日本人二人組みの三人だけ。

少し行くとバスは止まり乗車料金徴収が始まった。

「あなたはカバンも持ってるから合わせて2US$だ!」「はぁー??2£Eやろ!?ガイドブックに書いてあるし。ほんで100£E札しかないねんけど…」「だめだ2US$だ。」

さぁ早速出ました出ました。インド人・モロッコ人とともに世界三大ウザイ人種に挙げられるエジプト人。

ほんで同乗した日本人カップルが2£Eを貸してくれることに。

それを渡しても運転手はOKとは言わずしつこいしつこい(((o≧▽≦)o

「分かったわー( ̄ー ̄;1US$払います。」

「1US$じゃなくて2US$だ!」「なんでやねん(╬◣д◢)1US$は6£Eやろがい!いっぱい払ってるやろ!」

やっと運転再開Σ(゚д゚;)

ほんでタフリール広場に着くとやっぱりまたもう1US$出せと言うて来たけどもうこれ以上は払いません┐( ̄ヘ ̄)┌

結局通常2£E(約29円)のとこ1US$(約83円)払ってしまった( ̄ー ̄;

せやけど空港から市内行きのバスの料金がこれだけという物価の国なんや。

egypt%20001.jpg

いきなりエジプト人の洗礼を受けたけど無事市内に着いた。

年末年始ということもあって珍しく宿を押さえていた。

予めプリントアウトしてきた地図をもとに宿を探す。

egypt%20004.jpg

全然分かりませんが( ̄ー ̄; 読まれへん言うねん(((゜д゜;)))?

egypt%20006.jpg

せやけど道を聞くと親切に教えてくれるエジプシャン^^ええ奴らやん( v^-゜)

宿にチェックインし、バックパックを置いていざ出発^^

早速地下鉄に乗ってオールドカイロから観光を始めようヽ(*´∀`)ノワーィ

egypt%20008.jpg

エジプトでは女性専用車両は当たり前です( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

これじゃぁ毎日電車で会う、気になるあの子に出会えんやないかい(((o≧▽≦)o

今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

エジプト関連記事

エジプト人と等身大コミュニケーション   カイロで人間ウォッチング   アレキサンドリア観光 肌で感じた空気   アレクサンドリア行きの葛藤   エジプトに宗教抗争はあるんか?   カルナック神殿で再確認   アレキサンドリアでテロとの情報   デンデラのハトホル神殿はエジプト一の遺跡   フルーカから見るナイル川の夕陽   王家の谷とハトシェプスト女王葬祭殿   ルクソール西岸サイクリング   エジプト流年越しはおっさんとベリーダンスショー   エジプト料理のシシ・タウークが美味い   ルクソール神殿のライトアップ   ハーン・ハリーリとマドラサ夜間拝観   サッカーラの階段ピラミッド   ラクダの上から見る光景   ギザの3大ピラミッド   エジプシャンからのお願い   イスラーム地区の世界遺産建築群   オールドカイロのクリスマス   戦場カメラマンになる!?中東問題調査に出発  

コメント

エジプトでの洗礼、ごくろうさま 笑
いろんな人はいるけれど、
陽気でくったくのないエジプト人の笑顔ってすごく素敵だな~と思う♪

平和に見えて、テロが起こってしまった日常に私もびっくりしたよ。
考えさせられてしまう…。

続き、楽しみにしてます!

>ゆか

ウザいエジプト人は観光客が多いとこにしかいてへんよね^^
俺も彼らの笑顔は素敵やと思うよ。
エジプトで頑張るゆかもね( v^-゜)

乞うご期待!!!

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links