sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> エジプト > ハーン・ハリーリとマドラサ夜間拝観

2011年01月19日

ハーン・ハリーリとマドラサ夜間拝観

土産物屋が並ぶハーン・ハリーリに向かった。

ちょうど夕暮れ時でモスクがええ感じのシルエットになる^^

egypt%20394.jpg

ガーマ・ホセインの中ではくつろぐ教徒たちもいた。

egypt%20397.jpg

フセイン広場のカフェで休憩。

egypt%20400.jpg

観光地料金でちょっと高めやけどゆっくり出来た^^

やっぱり旅先のカフェでくつろぐのが至福の時やな(*´▽`)ノ

それからハーン・ハリーリを散策。

egypt%20402.jpg

やっぱりこういうところになるとチラホラ日本語でキャッチされる。

egypt%20405.jpg

その中で立ち止まってしまった一言。

「カカクハカイ(´・ω・`)」(ドヤ顔)


それからハーン・ハリーリを抜けてムイッズ通りへ。

egypt%20415.jpg

そこでスルタン・カラーウーンのマドラサとかスルタン・バルクークのマドラサとか何とかのマドラサとか世界遺産のマドラサとか、マドラサってなんやねん( ̄ー ̄;

egypt%20412.jpg

マラドサとはアラビア語で「学ぶ場所、学校」を意味するそうです(´・ω・`)

egypt%20421.jpg

いろんなマドラサを夜間拝観しながらムイッズ通りを北上する。

egypt%20426.jpg

通りは落ち着いた色の街灯で雰囲気がある。

egypt%20434.jpg

端っこのフテゥーフ門まで行ってUターン。

egypt%20427.jpg

マドラサの中庭はランプが灯されて今まで見たことのない落ち着きのある異空間を味わえて結構好きな空間やな^^

egypt%20445.jpg

いくつかのマドラサでプラプラしてると「ミナレットに上ってカイロの夜景を見てみないか!?」と管理人に声を掛けられる。

egypt%20447.jpg

めっちゃ高い値段を言うて来るのもおるけど3人で50£Eで上ることにした。

たぶんホンマは夜に観光客を入れることは禁止されてるみたいで、たぶん雇われ管理人たちが小遣い稼ぎにやってるんやと思う。

光を消して、早く入れと扉に通され階段を静かに上る。

ほんで上りきると、期待した夜景はそうでもなかった(((o≧▽≦)o

でも写真を撮ろうとすると別で10£Eやとか言うてきよる(╬◣д◢)

内緒やって言うてたけどもちろん公開させてもらいまーす( ̄へ  ̄ 凸

egypt%20455.jpg

イスラーム地区の夜景が見たい人はマドラサを歩いてると声を掛けられます^^(期待はずれ)

egypt%20450.jpg

最後はスルタン・ゴーリーのマドラサを見て観光終了。

egypt%20459.jpg

晩御飯は中級料理屋で肉やー。

egypt%20456.jpg

一日共に行動して下さったお二人ありがとうございました^^


翌朝、再度カイロに年明け1月2日に戻ってくるからこの宿の予約をしたいと言うたんやけどその時期は込み合うから今は分からんと言われて予約できひんかった。

せやから今予約できるか確認してるんやけど(╬◣д◢)

結局、いけるかどうかの確認を前日にメールしてくれと言われた(((o≧▽≦)o

まぁええわ。


ほんで今日は今からイスラエルに移動するねん^^

空港までタクシーで。

カセットを掛けていいかと聞かれもちろんとOKすると、流れてきたのはエジプトポップなどではなく、コーランやった( ̄ー ̄;

egypt%20458.jpg

綺麗な朝焼けを見ながらいざイスラエルへ!

今の順位はこちら→ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

エジプト関連記事

エジプト人と等身大コミュニケーション   カイロで人間ウォッチング   アレキサンドリア観光 肌で感じた空気   アレクサンドリア行きの葛藤   エジプトに宗教抗争はあるんか?   カルナック神殿で再確認   アレキサンドリアでテロとの情報   デンデラのハトホル神殿はエジプト一の遺跡   フルーカから見るナイル川の夕陽   王家の谷とハトシェプスト女王葬祭殿   ルクソール西岸サイクリング   エジプト流年越しはおっさんとベリーダンスショー   エジプト料理のシシ・タウークが美味い   ルクソール神殿のライトアップ   ハーン・ハリーリとマドラサ夜間拝観   サッカーラの階段ピラミッド   ラクダの上から見る光景   ギザの3大ピラミッド   エジプシャンからのお願い   イスラーム地区の世界遺産建築群   オールドカイロのクリスマス   戦場カメラマンになる!?中東問題調査に出発  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links