sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> オーストラリア > ブルーマウンテンズのスリーシスターズと濃霧

2008年02月05日

ブルーマウンテンズのスリーシスターズと濃霧

観光最終日はシドニーから1時間ほどの所にある世界自然遺産グレーター・ブルーマウンテンズ地域 に行った。

ブルーマウンテンズの名前の由来は数多くのユーカリが発揮して青く見えることかららしい。

このブルーマウンテンズには時間と交通の便を考慮してジャックさんの楽しい日本語ツアーで行くことにし、日本から予約しておいた。

当日のガイドはジャックさんではなくて日本語堪能な陽気で優しいジェイミーが来た。

バスでブルーマウンテンズに向かう途中だんだん雲行きが怪しくなり、雨が降り出し霧が出てきた。

まず着いたのが崖の突端まで出れてスリルが味わえるキングステーブル

kingstable.JPG

これが谷底を見た写真。霧で全然分からんけど断崖絶壁でメッチャ恐い。

kings.JPG

エアーズロックのノリで短パン半袖でこの日も観光に出てもうてんけど山やし雨やしメッチャ寒い。 


次に高原の町ルーラで小休憩。

leura.JPG

小さな土産屋とかの建物が建ち並びかわいいらしい街並み。


そしていざブルーマウンテンズ一のエコーポイントでカトゥーンバの南側から見える奇岩スリーシスターズ

threesisters.JPG

ていうのは嘘でこれは土産屋さんの中にあった写真の写真…

実は霧でなんも見えへん…

mist.JPG

見えへんもんしゃーないわと思いながらまたも土産屋に。

でも暇で外に出ると、看板にThe Three Sisters streetの文字が目に入った。

確かバスの出発時間が10:30。ほんで時計を見ると10:25。

しかし看板には10minuteって書いてある。

でもこんな霧だけでなんも見んと終わるのはやっぱり悔しい。

ちょっとでも可能性はあると俺は走り出していた。片道歩きで10分往復20分の道を。

これでもかというぐらいスーパーダッシュで他の外国人観光客を息ハーハー言いながら掻き分け、予定通り2分半でエコーポイントに到着。

でもやっぱりなんも見えへん。

慌てて今度は上りの坂道を霧の中走って戻っていく。

行きに力を使い過ぎ、かなり自分との戦いでダッシュする。

霧で道あってんかなとか考えながらも気合でバスまで戻り、時間は1分の遅刻。

ジェイミーにほっていこかなって皆で話してたわとからかわれたけどなんとか間に合った。

でも、ホンマにスリーシスターズ見たかったな。

人気ブログランキング参加中!ポチっと応援お願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

オーストラリア関連記事

シドニーショーボート・ディナークルーズ   世界三大美港シドニーハーバー   シドニー観光   コアラとカンガルーめっちゃかわいい   オーストラリア人から見た日本人   ブルーマウンテンズのスリーシスターズと濃霧   オーストラリアの大聖堂   シドニー・オペラハウス&シドニー・ハーバーブリッジ   マラウォークの散策   聖地ウルル登山   エアーズロック(ウルル)サンライズと星空   エアーズロック(ウルル)サンセットに大感動   カタジュタ(オルガ岩群)の風の谷   エアーズロック到着でデジカメ故障   グレートバリアリーフと日本人   グリーン島でシーウォーカー   ケアンズのアボリジニ・ジャプカイ族   クランダ・シーニックレイルウェイとレインフォレスト   キュランダでコアラ抱っこ   バロンフォールズの大迫力   スカイレールから見る世界自然遺産の熱帯雨林   オーストラリアへ家族で個人旅行   オーストラリア旅行を予約  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links