sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> オーストラリア > マラウォークの散策

2008年02月02日

マラウォークの散策

ウルルのふもと巡りが終わり、ウルル-カタジュタ国立公園カルチャーセンターを見学した。

最後に、エアーズロック周辺のマラウォークの散策に出掛ける。

これがこの地で一番大きい泉で枯れることはないとのこと。

oasis.JPG

それでこの泉に水を飲みに来る獲物を、アボリジニはこの穴から獲物を見て狩りをしていた。

kariana.JPG

だが、神聖な水を血で汚さないように決して泉では獲物を狩らず、少し離れたところで狩ったそうや。


この地に纏わる蛇の伝説も聞いた。

mara.JPG

岩に付いた亀裂が戦いの傷だという。

kunnya.JPG

野鳥の鳴き声がかわいいらしい。

これでエアーズロックの麓巡りも終わり、ホテルに戻りバスを乗り換え空港へ向かう。

空港へ向かうバスのガイドさんが日本語を話すオーストラリア人やった。

この声がオーストラリア人ガイド。

空港に着き、チェックインを済ませるとそのガイドが座ってたので話し掛けた。

彼は埼玉に住んでいたことがあるらしく、日本で英語を教えていたとのこと。

俺がNOVAかと聞くとNOVAにも勤めてたことがあり、あの会社はあかんなって言ってた。

俺も元NOVA生徒やねんってことをいい、でも元やから潰れても関係ないというと彼も元やから関係ないと二人で話した。

俺に話しかけられたことにビックリしてて、彼が言うにはほんまに日本人は日本語を少し喋るオーストラリア人であっても自分からはほとんど話しかけてこないって言うてた。

それと日本のどこ出身かを聞かれ、大阪と答えるとやっぱり大阪の人はcasual(カジュアル)やねって言われた。

日本語と英語を両方使って会話し、結構楽しかった。

そして、いよいよ最終目的地のシドニーへ飛び立った。

人気ブログランキング参加中!ポチっと応援お願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

オーストラリア関連記事

シドニーショーボート・ディナークルーズ   世界三大美港シドニーハーバー   シドニー観光   コアラとカンガルーめっちゃかわいい   オーストラリア人から見た日本人   ブルーマウンテンズのスリーシスターズと濃霧   オーストラリアの大聖堂   シドニー・オペラハウス&シドニー・ハーバーブリッジ   マラウォークの散策   聖地ウルル登山   エアーズロック(ウルル)サンライズと星空   エアーズロック(ウルル)サンセットに大感動   カタジュタ(オルガ岩群)の風の谷   エアーズロック到着でデジカメ故障   グレートバリアリーフと日本人   グリーン島でシーウォーカー   ケアンズのアボリジニ・ジャプカイ族   クランダ・シーニックレイルウェイとレインフォレスト   キュランダでコアラ抱っこ   バロンフォールズの大迫力   スカイレールから見る世界自然遺産の熱帯雨林   オーストラリアへ家族で個人旅行   オーストラリア旅行を予約  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links