sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> オーストラリア > 聖地ウルル登山

2008年02月01日

聖地ウルル登山

ウルルサンライズが終わると次はエアーズロック登山をする為、登山口へ向かった。

エアーズロックに登れる確立は1/2。

その日エアーズロックに登っていいか決めるのはアボリジニで、
アボリジニが言いといえば登れるし、あかんと言われれば登れない。

ウルルはアボリジニとって神聖な場所で観光客が立ち入ることをあまりよく思っていないらしい。


天気もええし、登れるやろうと思いながらも登山口に到着した。

するとゲートはなんと閉まってるではないか。

tozanguti.jpg

風が強い為に閉まってるとのこと。

めっちゃ登りたかったけど自然のことはどうしようもない。

イタリアのカプリ島の青の洞窟にも入られ変かったし、俺は確立系のとこはツイてへんのかもせーへんな。

tozan.JPG

この色が変わってる一本道を鎖に捕まって登って行くらしい。

見た感じかなり急な坂で登るのはキツイやろうなって思った。


ウルル登山は諦め、ウルルのふもと巡りに出発する。

これはこのあたりに住む先住民アボリジニのアナング族が描いた壁画

hekiga.JPG

言葉を持たない彼らはこんな感じの絵でいろいろと伝えてきたらしい。

doukutsu.jpg

ふもと巡りをしてると、ここは聖地なので写真撮影禁止ってところがいくつかあった。

ほんまにウルルはアボリジニにとって特別な所で簡単に入ってはいけないところみたい。

でもそんな神聖なウルルに、観光客は登られへんかったわと表現する。

どうやらその表現が間違っているようで、エアーズロックに登れた時は神聖な場所に登らせて貰えたとする方が正しい。


エアーズロックはほとんど雨が降らず、降ったときにはこの黒色に変色している所が滝のようになるらしい。

ameato.JPG

こういったスペースで女性が料理とかしてたらしい。

seiti.JPG

一通り見て周り、登山口に戻ってくると陽も昇りだし気温も上昇してくる。

asahi.JPG

ウルルに登ることが出来へんかったことは残念やけど、この聖地を間近で見れてほんまに良かったと思う。

人気ブログランキング参加中!ポチっと応援お願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

オーストラリア関連記事

シドニーショーボート・ディナークルーズ   世界三大美港シドニーハーバー   シドニー観光   コアラとカンガルーめっちゃかわいい   オーストラリア人から見た日本人   ブルーマウンテンズのスリーシスターズと濃霧   オーストラリアの大聖堂   シドニー・オペラハウス&シドニー・ハーバーブリッジ   マラウォークの散策   聖地ウルル登山   エアーズロック(ウルル)サンライズと星空   エアーズロック(ウルル)サンセットに大感動   カタジュタ(オルガ岩群)の風の谷   エアーズロック到着でデジカメ故障   グレートバリアリーフと日本人   グリーン島でシーウォーカー   ケアンズのアボリジニ・ジャプカイ族   クランダ・シーニックレイルウェイとレインフォレスト   キュランダでコアラ抱っこ   バロンフォールズの大迫力   スカイレールから見る世界自然遺産の熱帯雨林   オーストラリアへ家族で個人旅行   オーストラリア旅行を予約  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links