sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> オーストラリア > エアーズロック(ウルル)サンライズと星空

2008年01月31日

エアーズロック(ウルル)サンライズと星空

ウルルサンセットが終わりエアーズロックリゾートに戻った。

適当にレストランで食事を済ませ、俺が泊まってるOutback Pioneer Hotelまで帰る。

エアーズロック・リゾートは楕円形の道路に沿うように何軒かホテルが建てられている。

ディナーを食べた所はOutback Pioneer Hotelは反対にあり、普通はエアーズロック・リゾートを周遊する無料バスで帰るんやけど星がメッチャ綺麗やから楕円形の中心を歩いて帰ることに。

足元を照らす薄暗い街灯だけが灯りでほとんど真っ暗の道を進む。

あまりの星の綺麗さにずっと夜空を見上げながら歩いてしまう。

間違いなく人生で一番綺麗な星空を見た。

星はやっぱりデジカメぐらいじゃ写らへん。


ヨーロッパで一人旅をしてる時も思うことがあったんやけど、夜空を見てると地球のどこにいても同じ空を見てるねんなっていう風にロマンチストなってしまう。

ほんまは有料のナイトスカイ・ショーに参加しようかと思ったんやけど、星空ぐらい自分で見れるし静かに見たかったから参加せんで正解やった。

でも、星空を十分楽しんだら今度は徒歩では結構ホテルが遠い。


冷静になってみると真っ暗闇の中、この大平原を歩いている。

リゾート地と言えども周りは何にも無く、一歩間違えば夜行性の動物や蛇に襲われてもおかしくない。

そう思うと恐くなりビビリながら足早になってしまい、何とか無事にホテルに着くとすぐに就寝。


翌朝はエアーズロックサンライズツアーに参加の為、朝4時に起床。

まだ、真っ暗闇の中外に出ると、南十字星が見えると教えてもらった。

ご存知のとおり南十字星と言えば南半球でしか見れない。

とにかく星空はエアーズロックの夜の楽しみや。


バスに乗り込みウルルサンライズは東から太陽光が当たるので、昨日のウルルサンセットとは反対側に行く。

ちょっとした情報やねんけど朝飯の弁当を5000円で用意してもらった方がいいとか言われるけど、普通に前日にエアーズロック・リゾート内のスーパーで買う方がよっぽど経済的なのでこれから行く人は頼んだら損やで。


見る場所が変わればやっぱりウルルの形も違う。

太陽が昇ってきた。

ulurusunraise.JPG

こう見比べると色が違うけどずっと見てるとさほど色が変わったようには感じへんくて、今がシャッターチャンスかと構えてたんやけどあんまり分からんかった。

ayersrocksunraise.JPG

これもまぁ自然のことやからその日によって全く違うんやろう。

俺はエアーズロックサンセットの方が良かったかな。

人気ブログランキング参加中!ポチっと応援お願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

sponsored links

オーストラリア関連記事

シドニーショーボート・ディナークルーズ   世界三大美港シドニーハーバー   シドニー観光   コアラとカンガルーめっちゃかわいい   オーストラリア人から見た日本人   ブルーマウンテンズのスリーシスターズと濃霧   オーストラリアの大聖堂   シドニー・オペラハウス&シドニー・ハーバーブリッジ   マラウォークの散策   聖地ウルル登山   エアーズロック(ウルル)サンライズと星空   エアーズロック(ウルル)サンセットに大感動   カタジュタ(オルガ岩群)の風の谷   エアーズロック到着でデジカメ故障   グレートバリアリーフと日本人   グリーン島でシーウォーカー   ケアンズのアボリジニ・ジャプカイ族   クランダ・シーニックレイルウェイとレインフォレスト   キュランダでコアラ抱っこ   バロンフォールズの大迫力   スカイレールから見る世界自然遺産の熱帯雨林   オーストラリアへ家族で個人旅行   オーストラリア旅行を予約  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links