sponsored links

一人旅 - 自由なバックパッカー海外旅行HOME> オーストラリア > グレートバリアリーフと日本人

2008年01月24日

グレートバリアリーフと日本人

シュノーケリングで何ヶ所か適当に潜って魚をちょっと見たら島内のワニ園に行くことに。

大きいワニから小さいワニまでいろいろ。

wani.jpg

クロコダイルの餌付けショーを間近で見たんやけど二匹のクロコダイルが鶏肉を奪い合い目の前で激しく戦う。

大迫力でこんなんに襲われたら人なんて一溜まりもない。動画を見せたかった。


その後は小さい島なのでグリーン島を散策してみることに。

グリーン島を回ってみると人のほとんどいない裏側のビーチでは見渡す海がほんまに美しい。

greentou.jpg

ヘリコプターが一台泊まってるところがあって、外から写真を撮ってるとそこにいたパイロットが何か言ってきた。

あかんってゆうてるんかと思ったら
「こっちにこっそり入っといで。サメが泳いでるから見てみな。」って俺を呼んでくれた。

ほんまは立ち入り禁止やねんろうけどめっちゃ親切にしてくれた。

ちょっとするともうヘリを出すから出てなと言われ、飛び立つヘリを間近で見送った。

ヘリからグレートバリアリーフを眺めるプランもあってシーウォークの変わりにその場で応募したんやけど人数が足らんくてできひんかった。

空から見るグレートバリアリーフはさぞかし綺麗なことなんやろう。


帰りの船の時間までベンチで座ってるとおばあちゃんが話しかけてきた。

メルボルンから来てるらしく、孫たちが遊んでるの一人で待ってるらしい。

陽気な人で日本人でもお構いなしに喋ってきた。


グリーン島ケアンズではワーキングホリデーかなんかで働く日本人が男女共にめっちゃいっぱいおる。

みんな元気で明るく親切に対応してくれた。

俺は基本的に日本人が多い海外は嫌いやねんけど、この優しさには気持ちいいものがあった。

彼らは日本ではあんまり見れないような活き活きした顔をしてたのが印象的やった。

中にはオーストラリアの生活に慣れてしまって日本で社会復帰できるかなって言うてる子もいたけど。

でもリゾート地って感じのところは俺にはあんまり合わへんかな。


グリーン島からの帰りは船の外からグレートバリアリーフの景色を楽しんだ。

gbr.jpg

ケアンズへ戻ってからは何にも無い街を再びぷらりぷらり。

DFSなんかに行ってみるもショップとかのスタッフの9割が日本人。

なんでやねんと思いながらもやっぱり日本人がいっぱい来て日本人で売り上げが上がるのかなと変な風に感じる。

この日は海岸近くのお店で適当に晩御飯を済まし、
亜熱帯気候特有のスコールの中ホテルを戻った。

ほんまはクラブに行きたかったんけど風邪が酷い為、
明日のエアーズロックに備えホテルでゆっくりした。

人気ブログランキング参加中!ポチっと応援お願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

テクノラティプロフィール
sponsored links

オーストラリア関連記事

シドニーショーボート・ディナークルーズ   世界三大美港シドニーハーバー   シドニー観光   コアラとカンガルーめっちゃかわいい   オーストラリア人から見た日本人   ブルーマウンテンズのスリーシスターズと濃霧   オーストラリアの大聖堂   シドニー・オペラハウス&シドニー・ハーバーブリッジ   マラウォークの散策   聖地ウルル登山   エアーズロック(ウルル)サンライズと星空   エアーズロック(ウルル)サンセットに大感動   カタジュタ(オルガ岩群)の風の谷   エアーズロック到着でデジカメ故障   グレートバリアリーフと日本人   グリーン島でシーウォーカー   ケアンズのアボリジニ・ジャプカイ族   クランダ・シーニックレイルウェイとレインフォレスト   キュランダでコアラ抱っこ   バロンフォールズの大迫力   スカイレールから見る世界自然遺産の熱帯雨林   オーストラリアへ家族で個人旅行   オーストラリア旅行を予約  

コメントを投稿

カスタム検索
sponsored links